Amazonギフト券をタダで入手するために取り組めることがあります。

懸賞やプレゼント

懸賞やプレゼントでAmazonギフト券を入手できます。もちろん確実性のある方法ではありませんが、日頃の取り組みによって懸賞やプレゼントで入手できる可能性を高められます。
懸賞やプレゼントは、ポイントサイトなどで地道にコツコツポイントを貯めるよりも、一撃で高額なAmazonギフト券をゲットできるのが魅力です。
Amazonギフト券を懸賞やプレゼントで効率よく入手するコツをまとめました。

 

懸賞はとにかく数を打つことが大切

懸賞にスマホで応募する女性
昨今はインターネットの懸賞や、雑誌・テレビ番組など幅広いメディアの懸賞賞品でAmazonギフト券を用意している所が多いです。
郵送不要のオンライン申込やメール申込で応募できるものは片っ端から応募していきましょう。

 

応募件数に対する当選確率は懸賞サービスの選定と運によって大きく変わってきますが、効率良く活動すれば年間ベースで安定した金額の当選を確保できます。
ポイントサイトなどでアプリDLやアンケート回答をしている時間を懸賞応募に切り替えるだけで、従来以上の結果を継続的に出している方もいるようです。

 

幅広い懸賞サイトの情報をピックアップするまとめサイトや、Twitterなど懸賞に関連した情報収集を強化することから始めてみてください。
情報収集をしっかり行うことで、先着順でプレゼントするキャンペーンや高確率で当選できる大判振る舞いの懸賞情報をキャッチできることがあります。

 

 

プレゼントでAmazonギフト券をもらえる可能性を高める方法

丁寧に包装されたプレゼントの箱
昨今は年齢を問わずプレゼント品でAmazonギフト券を活用する方が増えています。
あまりにも下心を丸出しにしたプレゼントアピールするのはよくないですが、以下の方法でAmazonギフト券のプレゼントをもらえる可能性を高めることが可能です。

 

個人宅に訪問する仕事をする(営業、リフォーム、配送など)

一定確率でお礼にAmazonギフト券をくれる人が出てきます。

 

 

FacebookでAmazonの公式ページにいいねする

Facebookで繋がっている友達に対して、広告とともにAmazonにいいねした情報が伝わり、自然な形でAmazonを利用していることをアピールできるので、何かあった際のプレゼント品でAmazonギフト券を選定してもらえる可能性が高まります。

 

 

面倒なことを率先して行う

招待された結婚式で裏方を仕事を積極的に引き受ける。職場で厚生委員会などの雑務に立候補するなど。

 

 

営業職の仕事で目標達成時や成績優秀者にAmazonギフト券を配布する取り組みを提案する

実際にAmazonギフト券を従業員へ配布する企業が増えています。

 

 

商品がありそうなイベントには積極的に参加する

会社の忘年会、結婚式の二次会など。

 

 

友人や恋人、家族からもらうプレゼント(誕生日プレゼント)などで欲しいものの情報をAmazonのURLを送ってアピールする

商品そのものを買ってもらえることもありますし、種類が分からない理由でAmazonギフト券でプレゼントされるケースもあります。
LINEなどのメッセージアプリで「何か欲しい物ある?」って聞かれた時はアピールのチャンスです。

 

 

 

TOPへ