簡単ではありませんが、高収入を期待できるのがAmazonアソシエイトです。

Amazonアソシエイト

ブログを書くPCの画像
Amazonアソシエイト(アフィリエイト)とは、ブログやアフィリエイトサイトを通じてAmazonの商品を紹介して広告収入を得られるサービスです。
Amazonで売っている商品の魅力を伝えたい方や、すでに集客力のあるブログやサイトを運営している方は積極的に検討してみてください。

 

Amazonアソシエイトは、他のアフィリエイトプログラムに比べて提携ユーザーへの管理体制が厳しく、自己購入が禁止されています。
自分で還元を受ける目的で利用することはできないので注意しましょう。

 

 

利用の流れ

1.ブログや公式サイトなど広告リンクを貼るベースのサイトを作る

2.Amazonにアソシエイトの提携申請をする

3.審査・承認

4.専用のアフィエイト用商品リンクを貼る

5.購入状況によって広告料(紹介料)が振り込まれる

 

個人からの申請では審査に落ちてしまうことも多いので注意しましょう。
審査に通っても紹介する内容や自己購入の疑いを持たれると、すぐに提携解除もしくは停止の処分を受けてしまいます。
なかには多数の売上実績を残した挙げ句に提携解除して広告料が振り込まれないトラブル事例もあるので、規約を確認するなど適切な知識をしっかり身に付けてから活用しましょう。

 

 

Amazonアソシエイトの還元率

還元率のパーセンテージのイメージ画像
Amazonアソシエイトは商品カテゴリーによって売上の0~10%ほどが還元されます。
商品によって還元率の異なるケースもあるので、売りたい商品の還元率をチェックした上で検討しましょう。

 

カテゴリー別紹介料
紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonビデオ(レンタル・購入)、

Amazonコイン

8% Kindle本、

デジタルミュージックダウンロード、
Androidアプリ、食品&飲料、
お酒、服、ファッション小物、
ジュエリー、シューズ、バッグ、
Amazonパントリー対象商品、
SaaSストアの対象PCソフト

5% ドラッグストア・ビューティー用品、

コスメ、ペット用品

4.5% Kindleデバイス、 Fireデバイス、

Fire TV、 Amazon Echo

4% DIY用品、産業・研究開発用品、

ベビー・マタニティ用品、
スポーツ&アウトドア用品、ギフト券

3% 本、文房具/オフィス用品、

おもちゃ、ホビー、
キッチン用品/食器、
インテリア/家具/寝具、
生活雑貨、手芸/画材

2% CD、DVD、ブルーレイ、

ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、
カメラ、PC、
家電(含 キッチン家電、
生活家電、理美容家電など)、
カー用品・バイク用品、腕時計、楽器

0.5% フィギュア
0% ビデオ、Amazonフレッシュ

※紹介料上限:1商品1個の売上につき1000円(消費税別)。上記商品カテゴリーに含まれない商品に関しては、紹介料率2%となります。

 

 

 

Amazonギフト券もアソシエイトの対象に

従来はAmazonギフト券はアソシエイトの対象外になっていましたが、現在はAmazonギフト券も対応しています。
しかも還元率は驚異の4%です。「プレゼントや贈り物にはAmazonギフト券が最適」などといった魅力的な情報発信をできれば、大きな広告収入を期待できます。

 

Amazonギフト券プレゼントキャンペーンを行うことも

Amazonアソシエイトは新規提携申請の審査が厳しいですが、アソシエイトに参加する人を増やす取り組みには積極的です。
定期的に新規でAmazonアソシエイトを始めた人や対象商品を一定数以上売った人に対して、Amazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを行っています。
販売による広告収入が少なくても、Amazonギフト券プレゼントキャンペーンを上手に活用すれば、売上に対する実質還元率を高められると評判です。
Amazonアソシエイトを利用している方は、特定の商品やカテゴリーにこだわるのではなく、キャンペーン情報をチェックして新しいカテゴリーにもどんどん挑戦してみてください。

 

 

実際にAmazonアソシエイトって儲かるの?

舞うお金を手に入れる女性の手
アフィリエイトサイトやブログ全般に言えることですが、主要キーワードで上位表示されたり、ブログランキングで上位に入るなど集客力があるサイトを作れれば大きな利益を期待できます。
個人がAmazonアソシエイトだけで年収1,000万円以上稼いでいる人も多く、期待できる収入上限を見れば青天井です。

 

ただし、どれだけ時間と労力を費やしてブログやサイトを作った結果、売上がほとんど上がらないことも珍しくありません。
Amazonの商品を紹介することだけを目的に始めるよりも、まずは提携するアフィリエイトプログラムのことはそれほど考えず、集客力のあるサイトを作れるかしっかり考えてみてください。
魅力的なサイトやブログの運営をできる自信がない場合は、軽い気持ちで挑戦しない方がいいかもしれません。

 

TOPへ