Amazonギフト券の有効期限にまつわる様々な影響について解説します。

有効期限にご注意!

期限を表す砂時計
Amazonギフト券には有効期限があるので注意してください。プレゼントなどで貰ったギフト券をすぐに使う必要はないですが、放置すると保有していることを忘れて有効期限切れを起こすケースがあります。
また、数年にもわたってAmazonを利用しないような人は、時間が経過してから「結局使わないし売ろう」とした時に、有効期限が短くなったことで買取レートが下がってしまう恐れがあります。
使う予定が未定であれば早めに売却や知人へ譲渡することをおすすめします。

 

Amazonギフト券の有効期限は主に2種類

Amazonギフト券の有効期限は2017年4月24日発行分より10年に延長されました。
現在のAmazonギフト券の有効期限は以下の通りです。

 

2017年4月24日以降に発行 → 種類を問わず10年
2017年4月24日以前に発行 → タイプに応じて1~3年

 

現在はごく一部で有効期限延長前のAmazonギフト券が存在しています。
2年以上前に貰ったAmazonギフト券を放置している方は注意してください。
ちなみに、2017年4月24日以前に発行されたタイプは、シートタイプのみ3年。主力のカードタイプを含め、その他のギフト券は有効期限1年なので、すでに有効期限切れを起こしています。
2020年4月24日以降は、有効期限切れ直前のAmazonギフト券が存在しなくなる予定です。

 

これから発行するものは全て10年の有効期限になるので、短期的な有効期限切れリスクはありません。
しかし、長期間放置するとAmazonギフト券の存在を忘れたり、紛失してしまうリスクがあるので注意しましょう。

 

有効期限切れでも諦めるのは早い

 

2017年4月27日以前に発行して有効期限切れを起こした場合、Amazonのカスタマーセンターに問い合わせをすれば延長してもらえる可能性があるようです。
明確な基準の明記はありませんが、有効期限延長のルールは以下の通りです。

 

  • 有効期限切れを起こしてから1年以内
  • 有効期限の延長は原則1年
  • 1人1回のみ
  • 過去の利用履歴(キャンセル多発など)に問題があると認められない

 

期限切れ1年以内の目安が存在するので、期限切れを起こしたAmazonギフト券を持っている方は、早めの問い合わせをおすすめします。

 

 

有効期限と買取額の関係性

お金と時間の関連性を表現した時計
有効期限が1~3年だった頃は、有効期限の残りが6ヶ月以内になると買取レートが大幅に下がりました。
有効期限10年に延長されてからは、今のところ発行日による買取レートの変動はありません。
中古ショップ(売買サイト)からAmazonギフト券を買うユーザーの大半は購入して数ヶ月以内に消費しています。

 

この先、発行から3年や5年以上経過したAmazonギフト券であっても、買取レートが大きく下がることは考えにくいです。
ただし、商品券タイプやギフトタイプなどは経年劣化による色褪せや汚れが目立つと買取レートが大幅に下がる懸念があります。

 

 

TOPへ