クレカのポイントでアマギフを買うことにはどんな利点があるのでしょうか。

クレカのポイントで買える?

ポイントがたまるクレジットカード
キャッシュレス化が進んだことでクレカのポイントがたくさん貯まっている人が増えています。
カード会社によってはクレカのポイントでAmazonギフト券に交換できますが、ポイント交換以外の方法でコンビニやAmazonの公式サイトからギフト券を買うのは意外にハードルが高いです。
クレカのポイントでAmazonギフト券を買う方法を様々な角度から検証しました。

 

クレカのポイント交換制度

クレカのポイント交換におけるAmazonギフト券への対応は以下の3パターンがあります。

 

  1. 1ポイント1円の等価でAmazonギフト券に交換できる

    (1,000pt→Amazonギフト券1,000円分など)

  2. Amazonギフト券に対応しているがレートが悪い

    (1,100pt→Amazonギフト券1,000円分など)

  3. Amazonギフト券に対応していない

 

1pt=1円でAmazonギフト券に交換できる場合は、迷わずポイント交換でAmazonギフト券を入手しましょう。

 

Amazonギフト券への交換に対応していないカード会社や、Amazonギフト券よりも電子マネーの方が好条件でポイント交換できる場合は、他の方法でAmazonギフト券を購入する方法もあります。
ただし、コンビニで売っているAmazonギフト券は現金購入にしか対応していない所が多いので注意しましょう。

 

コンビニのAmazonギフト券は基本的に現金購入のみ

Amazon公式サイトなら、クレジットカード決済でAmazonギフト券を購入できます。これはAmazonがカード決済手数料を負担することで成立しています。
コンビニで店頭販売しているAmazonギフト券は、販売店の利幅が非常に少なく決済手数料が必要な支払いに対応していない所が多いです。

 

昨今ではセブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップの3社がAmazonギフト券のクレジットカード購入に対応するようになりましたが、EdyやTポイントなどの電子マネーおよびポイントには対応していません。
つまり、クレカのポイントを電子マネーなどに交換しても、店頭でAmazonギフト券を買うことができないので注意しましょう。

 

クレカのポイントでAmazonギフト券を買う裏技

様々な決済方法のイメージ画像
クレカのポイントを有効活用してAmazonギフト券を購入する方法について調べた所、いくつかの裏技があることが判明しました。
クレカのポイント交換でAmazonギフト券に好条件での交換はできないけど、Edyもしくは交通系ICカードなど換金しやすい電子マネーや商品券に交換できる場合は次の方法でAmazonギフト券を買えます。

 

Edyに交換してAmazon公式オンラインストアで購入する

コンビニでAmazonギフト券をEdy決済することはできませんが、Amazon公式のオンラインストアなら購入可能です。

 

交通系ICカードにチャージして払い戻しする

Suicaなどの交通系ICカードはクレカのポイントでチャージして現金に払い戻しすることができます。
ただし、クレカ一体型の交通系ICカードの場合はクレカ自体を解約しないと払い戻しできないので、現実的な方法ではありません。

 

その他のギフト券を金券ショップに売って現金にしてから購入する

幅広いクレジットカードで活用できますが、金券ショップへ売ると6~8割程度に減ってしまうので最終手段として検討してください。

 

結論

クレカのポイントでAmazonギフト券を買うのは不可能ではないですが、実践している人はほとんどいません。
唯一、Edyに交換してネット購入するのが現実的な方法ですが、Edyに高レートでポイント交換できるクレカは楽天カードをはじめ一部のクレカに限られてます。

 

クレカのポイントを継続的にAmazonギフト券に交換したい場合は、ポイントが貯まりやすくてAmazonギフト券に高条件でポイント交換できるクレカへ切り替えるべきです。

 

Amazonギフト券やEdyへ交換できない中、一時的にどうしてもAmazonギフト券が必要で現金やカードでの購入が難しい場合は、余計なコストや手間が発生することを割り切って、一度ポイントを現金に変えてからAmazonギフト券を購入するしかありません。

 

TOPへ